印鑑の種類とそれぞれの用途

印鑑の種類とそれぞれの用途

印鑑には用途に応じてさまざまな種類があります。まず、個人用と会社用の2種類に分けることができます。個人用についてですが、実印、銀行印、認印、訂正印の4つがあります。この中でも重要なのは実印と銀行印です。実印は役所で印鑑登録を行うことで、公的な書類に使用することができます。銀行印についても、預貯金口座を開設したり住宅ローンを組んだりする際に必要となります。これらを既製品で代用することはとても危険なことです。既製品は印影が同じものが大量に生産されているため、悪用されれば金銭的被害を被る可能性があるからです。もしも既製品を使用するのであれば、書類や宅配便の受け取りなどに利用する認印などにしておくべきです。また、会社印についてですが、代表者印、銀行印、角印、割印などがあります。代表社印とは個人用でいう実印ですが、異なる点は、名前だけでなく、会社名や役職名が彫られていることです。法務局に届出をして利用する会社でいちばん重要な印鑑となるため、犯罪防止の観点からこのような作りになっているのです。銀行印は手形や小切手の発行に、角印は領収書や契約書に押印するためのビジネスをするうえで使用頻度の高い重要な印鑑です。割印は2枚の書類の関係性を証明するのに重要な役割を果たしており、それぞれに異なる特徴があります。

住宅ローンサイト

せっかくの良い印鑑は人生で最も高い買い物、住宅(ローン)で活用を。住宅ローン